大当たりを狙えるかも!? 風水に基づく幸運の植物3選

瑞々しく繁茂した植物は、自宅にある負のエネルギーを打ち消すための最もよく知られている手段の一つで、古代からの言い伝えによると、健康と富をもたらすエネルギーを引き寄せてくれるとされています。風水では、部屋の中に置いた「お金を呼ぶ木」が、仕事の能力や就職先に影響を与え、その人により良い収入をもたらすと言われています。

一方、よくカジノへ行く方は、次のような植物を家に置くと、大当たりして巨額のお金が勝ち取れるかもしれません!

クラッスラ(金のなる木)

クラッスラは、お金をもたらす植物として最も有名です。南アフリカ共和国が原産で、硬貨に似た楕円形の葉っぱから、この名前が付いたそうです。ちなみに、多肉植物(葉っぱが肉厚で、そこに水分を貯めている)です。

背丈が3メートル近くまで達する珍しい種類であるクラッスラは、冬から春にかけて白い花を咲かせます。クラッスラを植える土壌としては、砂が40%、花植え用の土が20%、残り40%が砂利か砕いたレンガ、という配合にする必要があります。

ほとんどの多肉植物がそうであるように、クラッスラは冬季の休眠が必要で、その間はできるだけ水をやらないようにし、冬の間、1、2回のみにとどめます。10度ぐらいの室温を保つのが理想的であることを覚えておきましょう。

バキラ(バキラ・アクアティカ)

この植物も、金のなる木と呼ばれています。その魅力的な見た目と、家庭に幸福やお金をもたらすという言い伝えによって、最近バキラは多くの家庭の間で人気を集めています。

バキラの原産地は、中南米の熱帯気候の湿地で、まるで大木のごとく、18メートルほどの高さに達する場合もあります。しかし、普通の家庭で育てる場合は、60センチ(盆栽ぐらい)から2メートルぐらいの背丈です。

バキラは3本以上の細い幹が絡まり合って、中心となる一つの幹を形成します。3年以上経つと、花をつけるようになりますが、屋内栽培の場合は、ほとんど花は咲きません。

比較的育てやすい植物で、日当たりの良い場所を好みますが、直射日光は避けてください。夏は16~24度ぐらいの気温が好ましく、冬は14度以上の気温を保つ必要があります。カジノのゲームで賞金を勝ち取りたければ、まずはバラキを手に入れましょう!

中国の金のなる木(ピレア・ペペロミオイデス)

名前の通り、中国が原産ですが、宣教師たちがこの植物を世界中に広めました。スカンジナビア半島の国々で、最も人気があり、観葉植物として栽培されています。

もともと山岳地帯に原生していましたが、冬を屋外で越すことはできません。ですから、秋になったら屋内に移す必要があります。水が大好きなので、頻繁な水やりが必要です。また、直射日光に弱いので、置く場所には気を付けてください。幸運と金運をもたらしたければ、中国の金のなる木を手に入れるとイイかもしれませんね。